月別アーカイブ: 2017年6月

○○年ぶりにパートを始めました

妊娠6ヶ月で仕事を辞め、その後専業主婦でしたが20年ぶりにパートですが仕事を始めました。

雇ってくれるか不安はありましたが、家の近くのスーパーのレジで働くことになりました。夜の時間なのでお客様の行列が出来る事は少なく、慣れないレジの作業もあまり焦らずやる事ができ、私にとっては好都合の職場です。

レジの操作にもだいぶ慣れ、商品のスキャン作業も慣れてきました。手際よくやるには、商品のバーコードが何処にあるかを覚えておく必要があります。

ある日 いつものようにバーコードをスキャンしていたのですが、どうしてもバーコードが見つかりません。お客様の前だとどうしてもあせってしまいます。商品をくるくる回していると お客様が「ここじゃない?」とバーコードを指差して下さいました。いいお客様で本当に良かったとホッと胸をなでおろしたのでした。

空前の相撲ブーム

大相撲夏場所が終了しました。

新横綱の稀勢の里関が怪我で途中休場となり残念でしたが、代わりに弟弟子の高安関が頑張ってくれました。

直近の場所で良い結果を残し、その活躍が認められて大関昇進を果たしました。

今まで大きな怪我もなく大関まで上り詰めたので、これからも怪我なく上へ目指して行ってほしいです。

相撲ファンの私としては、連日テレビで大相撲の事を特集してくれるのは嬉しいです。

昔は国技として恥ずかしいくらいの不祥事が度々あり、お客さんが入らない時期がありました。

そんなときに頑張ってくれていたのが横綱の白鵬関です。

白鵬関はモンゴル出身ですが、日本の国技のために貢献してくれました。

10年間も横綱の地位を守り続けていられるのは計り知れない努力があると思います。

数々の記録を塗り替えて、今後歴史的名横綱と称賛されるであろう白鵬関と同じ時代を過ごせているのは感慨深いものがあります。

白鵬関あっての今の相撲ブームだと思います。

どんどん相撲ファンも増える一方で、お客さんのマナーが乱れてきているなという印象です。

取り組みの前にお気に入り力士への応援で手拍子を始めるお客さんがいますが、

それは相手力士に対しても失礼な態度だと思います。

また、モンゴル出身力士に対する差別発言など、相撲ファンとして残念でなりません。

出身国関係なく応援したいものです。